「医学部予備校ACE Academy」体験記


はじめに

今回、この記事を作成するにあたって特別に短期間の通塾体験をさせて頂くことができたので、その時に体験したことを紹介していきます。

医学部予備校ACE Academyとは

ACE Academyについて

こちらの記事でも紹介させて頂いた株式会社DELFさんが運営する、医学部受験に特化した予備校となっています。

校舎は千代⽥区神⽥⼩川町に位置し、駅近でアクセスの良い場所に位置しています。

現在は通塾コースの他にも、ZOOM面談コースや通信コースもあるため、遠方にお住まいの方でも学びやすくなっています。

通塾の場合は基本的に、浪人生・再受験生は週3回、高3生は週3回もしくは週2回(どちらかを選べます)、高1,2生は週2回となっています。

また、平均的な医学部専門予備校の学習費用は年間300~600万円ほどとなっておりますが、ACE Academyは月額5~10万円かなり安くなっています

値段の安さの理由は是非ホームページでご確認ください。

ACE Academyの特徴や教育水準

この予備校では集団講義がなく、個別で作成された課題を自学自習スタイルで進める形式です。
授業を聞くよりも自習するほうが学習効果が高いこと、生徒との面談で生徒一人一人の傾向を掴み、生徒に応じて進行具合や各教科への時間配分を決定することが、医学部合格への重要な点になっていることから、この指導システムが構築されたそうです。

また、講師の方々は全員医学生で、受験を経験した生の声を聞くことができます。

勉強をするにおいて大切なことは「わかる」ことではなく「できる」ことにあります。

インプットするだけでは問題を解く(アウトプットする)ことができません

そのため自力でアウトプットが完全にできるようにすることを目標としています。

その理念をモットーに医学部で最も大切とされる基礎の徹底を行うといった内容になります。

医学部で最も大切とされる基礎を徹底し、自力で問題を解く力を養うことで、毎年多くの医学部合格者が輩出されています。

どんなことをやるのか?実際に通ってみた

教室の様子

教室の様子をわかりやすく例えると試験会場。一方向に机と椅子が等間隔で並んでいるだけです。

上記の通りこの予備校では集団授業がないため、黒板などもありません。

登校時間までに席に着き、各自勉強を開始します。

教室の様子 ACE Academy公式サイトより引用

登校してやること

17:00(新型コロナウイルスの影響で現在は17:30)~18:00までに登校し、各々自習を開始します。

一日の授業は18:00~21:00

最初の1時間は暗記練習

次の1時間では計算練習

最後の1時間で自習 とスケジュールされています。

この3時間+自宅学習で毎週与えられる課題を進めます。

同時に教室の後方には医学生の講師が座っており、1人ずつ名前を呼ばれたら講師の隣に行き、面談をします。

面談とは

この面談は講師とマンツーマンで塾生ページにアップロードされている勉強法を見て、それを参考に自分でやっている勉強法を話し、本当にその通りにできているか分析し、講師という第三者視点から見てズレはないかを確認するという流れになっています。

勉強法の他にも睡眠時間などの生活習慣に関する相談等もここでします。

塾生ページ

塾生ページの内容は機密となっているので細かくは言えませんが、主に医学部を受験するにあたっての心構えや、各教科への取り組み方試験の解き方(対策法)から学校の選び方まで幅広く掲載されており、とても充実したページとなっています。

入塾すれば24時間好きな時に閲覧することができます。

勉強報告・分析シート

課題の進捗や勉強時間について、毎週土曜日に勉強報告フォームに記入し、提出します。また、月末には、1ヶ月の勉強を振り返るとともに、私生活においての無駄な時間などを見つめ直し改善する分析シートを提出します。

受験生としての受験勉強、私生活について徹底的に分析、改善して次からの勉強へと繋げていきます。

ACE Academyに通ってみてわかったメリット・デメリット

メリット

講師のレベルが高い

医学生の講師の方々が受験生の目線で参考になる会話をしてくださり、「学ぶ」という初歩的なことから医学部を目指すにあたって自分では気づけないような目から鱗な話を聞くことができます。

一度自分で考えられる

授業がないため、学習をする上で分からなかったことを脊髄反射で質問するのではなく、自分で なんでこれができなかったのかな?と一度考えることで、理解を深めることができます。

(それでも理解ができなかったら専用の質問フォームにて質問ができます)

教室の雰囲気

上で記載した通り教室が試験会場のような雰囲気になっているため、本番のような空気感の中で自分の勉強を進めることができます。

いつでも入塾可能

課題を個別に作成するため、一年中塾生を募集しています。

他の予備校と違って定期的な入塾試験等もないので、いつでもACE Academyで医学部に向けた勉強を開始することができます。

デメリット

相性が合う人・合わない人がいる

自学自習スタイルなので、自分で問題解きたい・暗記する時間を増やしたい、という人には相性が良いと思います。
一方、集団授業で理解を深めるのが好きな人にとっては、合わないと感じるかもしれません。

自己責任

授業のある予備校の場合、○曜日のこの時間は数学の授業、その次に英語…といったように、スケジュールされて学習することが多数ですが、全てが自学自習のACE Academyでは1週間のノルマに向けて自分でスケジュールを立てる必要があります(もちろん、ある程度の学習目安は存在します)。

また、この時間には絶対にこれをやらないといけない、というほど強制的な学習が無いため、自堕落な生活を送らぬよう、気を抜かずに学習を進める必要があります。

ただし、塾生全体として、自律して勉強習慣を維持している人が多い印象を受けました。塾生ページには「勉強時間ランキング」が掲載されており、高校3年生では週に60時間勉強している人もたくさんいたので良い刺激となりました。

さいごに

短期間の体験入塾でしたが、医学部を受験するにあたっての考え方がガラリと変わり、今後の勉強に役立ちそうな知識を多く得ることができました。

現在、色々な医学部専門予備校がありますが、医学部を目指す方で予備校に悩んでいる方は、この「医学部予備校ACE Academy」も入塾の視野に入れてみてはいかがでしょうか。

医学部予備校ACE Academyの指導

医学部予備校ACE Academyでの指導ノウハウが書籍化されました!

300名以上の医学部合格を指導してきた勉強法・受験情報の全てを、この1冊で知ることができます。 

・医学部に最短距離で合格する方法 

・医学部受験でよくある戦略の失敗 

・できる人-できない人リスト<合格する人の最大の特徴> 

・暗記をする上で大切なたった一つの方法 

・モチベーションが保てない時の解決方法 

・受験生の保護者の方が絶対に守るべきポイント 

などなど‥ 

医学部受験生・保護者の方にとって、「知らないと損する」内容が詰まった1冊となっております。 ぜひお読みください!

購入はこちら

『医学部受験バイブル-現役医大生からの贈り物』

この記事を書いたライター

Yさん
Yさん
麻布高校に通っている、数学・物理が好きで、ゲーム廃人のオタク。
医学系や教育系にも興味があります。