取り組む前に読む!自由研究の【考察・まとめ方】!〜「結果」と「考察」の意味の違いを理解〜





小学校の自由研究、「書き方」や「まとめ方」に困っていませんか? 実験をしたり調べたりしたあとに、どうやって文章にまとめればいいのか分からない人もいると思います。

文章を書くのが苦手な人の大半は、実は「何を書けばいいのか分からない」だけなので、何をどんな構成で書けばいいのかさえ理解しておけば、誰でも、書きたいことを文章化できるようになります。

今回の記事では、文章の構成考察のしかたを取り上げます!
(この記事を、宿題に苦戦しているお子さんに、そっと見せてあげてください)

本を読んで閃いた人のイラスト(男性)

そもそも「研究」って何?

自由研究のすべては、「なぜ?」からはじまります。

研究とは「疑問を確かめること」

自由研究は、その名の通り「研究」の一種です。研究とは、疑問を確かめること。どんな小さな疑問でもいいので、気になったことを『考える & 調べる & 確かめる』プロセスを大事にしましょう!

自分の頭で考える

まずは、身の回りにある「疑問」を見つけるところから始めてみましょう。

「プールから上がるとなぜ寒く感じるの?」「なんでブランコは立ち漕ぎすると速くなるの?」など、どんな小さなことでもいいです。自分が興味を持って取り組めるテーマを探すことはかなり大事です!

「きっかけ」を大事にしよう!

きっかけ・動機が強ければ強いほど、あとあと面白い自由研究になります。そういう意味でも、テーマ探しは非常に重要です。

また、実験キット工作キットはもちろん手軽で便利ですが、「自分の頭で考える」ことにつながりません。ですので、そういったツールに頼らずに、自分で課題やテーマを探して取り組むことが大切です!

どんなテーマがある?「気付き」のある自由研究例

身近なもの・身の回りのものを題材にして、どのようにテーマを見つければ良いか、いくつかの例を挙げました。参考にしてみてください!

「実験・観察」系の実験の例

・レモン電池 … 電池の原理やモーターの原理
・生物の観察 … 植物の分布や、時期別・環境別の成長具合
・気象・天体観測 … 雲の形、風向き、星の動き、星座の見える時期・時間
・物理工作 … おもちゃが動く原理(バネやゴムの弾性力、テコの原理など)

「調べもの・調査」系の実験の例

・地域調べ・地理研究 … 地形・気候の特徴、産業(農業や工業など)
・人物調べ … 時代背景、戦いや出来事の起こった原因 など
・小説や歌詞 … 感情・情景の描写、表現技法(比喩、倒置)、作者間の差 など

文章の構成! 自由研究の文章構成はこれでOK!

自由研究の文章の構成は、基本的に以下↓のとおりに書けばGoodです!ぜひこの型を参考にしてください。

これをそのままマネすれば良い!

自由研究では「考察」がいちばん大事!

自由研究において、「考察」がもっとも重要な部分です(かつ難易度もいちばん高いです)。ここでは、考察の書き方と、よりよい考察を書くための目の付け所について説明します。

結果と考察はどこが違うのか?

考察というのは「結果をもとに、自分が考えたこと」です。実験や調べものをした後に、「自分の頭で考える」という過程です。

単に結果を知って「なるほど」と納得して終わるのではなく、さらに「なぜこういう結果になったの?」というような、一歩ふみ込んだ問いを立てれば、より良い研究になるはずです。

これに尽きる!考察のための「目の付け所」

良い考察を書くための目の付け所は、主にこの3つです。ポイントをしっかり押さえましょう!

考察のための「目の付け所」はこれ。何を書けば良いのかわからなくなったら、この3つを思い出してください!

● 予想と結果を比べてみる

「気付き」を見つける上で一番効果的なのがこれです。あらかじめ予想しておくことによって、結果を知った後に「なぜこうなったのか?」という問いを立てやすくなります。そこで考えたことを自分の言葉でまとめれば、立派な「考察」になります。

● 失敗したら原因を考える

失敗から学べることはたくさんあります。

実験してうまく行かなかったり、調べものをしていて思い通りの情報が得られなかったりすることもあります。そういう時に「失敗したから別のテーマで研究し直そう」とあきらめるのはもったいない。なぜ失敗したのか向き合いましょう

むしろカンペキに成功するよりも、多少の失敗があったほうが「気付きの材料」・「考察の材料」が増えます。失敗を恐れないで試してみよう!

● 「やっても分からなかったこと」を大事にする

実験をしても、つねに「疑問」は残ります。

やってみたけど分からなかった」と気付けたこと自体が、じつは大きな進歩です。(このことに気付くかどうかは、自由研究に限らず生涯大事になりますよ!)

考察の欄には、「どういうことがわからなかったのか」に加えて、「それをどうすれば解決できそうか」という所まで考えて書けるとより良いです。

まとめ:自分の頭で考えよう!頭をフル回転させて「気付き」を見つけよう

大事なのは、「疑問を疑問のままにしないこと」です。

「考える & 調べる & 確かめる」というプロセスは、将来生きていく上でも絶対に役立ちます。せっかくの夏休みの自由研究をきっかけにして、何かひとつでも、「気付き」や「発見」を見つけてみてください!

夏休みの宿題をやる男の子のイラスト

おすすめ記事:こちらのページも是非ご覧ください!