全国の寮付属の進学校を紹介!――「寮」という進路選択の基準





子供の進路を決めることは親と子の大きな悩みの一つでしょう。学校を選ぶ時には偏差値、立地、校風…などなど、様々な判断基準があります。

どの学校に進むかは将来にも大きく関わる重要な選択なので、判断基準を増やし、視野を広く持つことが必要でしょう。

そこでこの記事では、全国的に見て珍しく、新しい基準の1つとなる寮付属の学校について紹介したいと思います。

寮って何?概要を説明!

全国には、400を超える寮(寄宿)付属の学校があることをご存知でしょうか。と言っても、通学生が一人もおらず、「全寮制」である学校はほとんどありません。多くの学校は比較的少数の生徒が入寮する形態をとっています。

寮には、

・普通の学校より深い友情を育みやすい
・上下関係を学べる
・規則正しい生活を送れる

など、多くのメリットがあります。

それを理由に、子供を寮がある学校に通わせる親も少なくありません。この他にも、寮がある学校には普通の学校とは違う点が沢山あります。

(→こちらのページも参照。)

そして、いわゆる「進学校」と呼ばれる学校の中にも、寮が付属しているものがあります。受験をするからには進学校と呼ばれる学校に行きたい!という人も少なくないでしょう。

ここからは、寮が付属している進学校からピックアップして、北から順に紹介していきます。

全国の寮付属の進学校を紹介!

函館ラ・サール学園

リンク:https://www.h-lasalle.ed.jp/

制度:私立中高一貫校の男子校(併設型)

住所:北海道函館市日吉町1丁目12-1

学費:68万円/年

全国唯一の大部屋寮生活が特徴で、学生の7~8割が親元を離れて寮生活を営みます。

いわき秀英学園

リンク:https://www.iwaki-shuei.ac.jp/

制度:私立中高一貫校の共学校(併設型)
住所:福島県いわき市泉町滝ノ沢3-1
学費:95万円/年

3年間で公立中学校の1.5倍ほどの授業時間数をこなし、基礎を定着させます。

仙台白百合学園

リンク:http://www.sendaishirayuri.net/

制度:私立中高一貫校の女子校(併設型)

住所:宮城県仙台市泉区紫山1丁目2-1

学費:65万円/年

ミッションスクールであり、高等学校はスーパーグローバルハイスクール指定校。

片山学園中学校・高等学校

リンク:https://www.katayamagakuen.jp/

制度:私立中高一貫校の共学校(完全型)

住所:富山県富山市東黒牧10

学費:    75万円/年

学習塾が母体であるので、具体的かつ魅力的な教育方針が明示されています。

茗溪学園

リンク:http://www.meikei.ac.jp/

制度:私立中高一貫校の共学校(併設型)

住所:茨城県つくば市稲荷前1-1

学費:84万円/年

世界有数の科学の街である「筑波研究学園都市」に位置し、文部省の「スーパーサイエンスハイスクール」の指定も受けています。

公文国際学園

リンク:https://kumon.ac.jp/k-gakuen/kokusai/

制度:私立中高一貫校の共学校(完全型)

住所:神奈川県横浜市戸塚区小雀町777

学費:100万円/年

「週5日制・校則無し・制服無し」と、生徒の自由と自主性を尊ぶ校風の私立校です。

海陽学園

リンク:http://www.kaiyo.ac.jp/

制度:中等教育学校の男子校

住所:愛知県蒲郡市海陽町3丁目12-1

学費:280万円/年(全寮制にかかる費用も含む)

「次世代のリーダーを育成する全寮制エリート校」としてテレビで何度も取り上げられている6年制の私立校。退学者も多く、子供自身が納得した上で選ぶ必要のある個性的な学校です。

洛南学園

リンク:http://www.rakunan-h.ed.jp/

制度:私立中高一貫の共学校(併設型)

住所:京都府京都市南区壬生通八条下ル東寺町559

学費:60万円/年

平安時代に空海が庶民教育のために設立した教育機関をルーツとする真言宗系の私立校。礼儀作法・整理整頓・掃除などの教育も重視しています。

西大和学園

リンク:http://www.nishiyamato.ed.jp/ny/

制度:私立中高一貫校の共学校(併設型)

住所:奈良県北葛城郡河合町薬井295

学費:110万円/年

中2から英語多読を実施するなど、英語教育に力を入れています。新設校ならではの勢いや活気も魅力の1つです。

白陵中学校・高等学校

リンク:http://www.hakuryo.ed.jp/

制度:私立中高一貫校の共学校(併設型)

住所:兵庫県高砂市阿弥陀町阿弥陀2260

学費:72万円/年

男女共学ですが、極めて硬派な教育方針を持つ名門私立校。1校時60分制という特徴もあります。

愛光学園

リンク:https://www.aiko.ed.jp/

制度:私立中高一貫校の共学校(併設型)

住所:愛媛県松山市衣山5丁目1610-1

学費:73万円/年

設立当初から受験対策への意識が高く、東京の大学への進学を重視しています。

土佐中学校・高等学校

リンク:http://www.tosa.ed.jp/

制度:私立中高一貫校の共学校(併設型)

住所:高知県高知市塩屋崎町1丁目1-10

学費:50万円/年

高知県トップの進学校であり、校風は自由な雰囲気で、生徒が好きなことに打ち込める環境を重視しています。

久留米大学附設中学校

リンク:https://www.kurume-u.ac.jp/site/fusetsu/

制度:私立中高一貫校の共学校(併設型)

住所:福岡県久留米市野中町20-2

学費:70万円/年

東京大学、九州大学をはじめとする超難関大学の合格者を多数輩出しており、週6日制・週35時間の授業時間を確保しています。

青雲学園

リンク:http://seiun-jh.ed.jp/

制度:私立中高一貫校の共学校(併設型)

住所:長崎県西彼杵郡時津町左底郷245-2

学費:70万円/年

九州御三家と呼ばれ、勉強だけでなく、道徳教育や運動による体力と精神力の向上にも力を入れている「全人教育」を指針とする学校です。

ラ・サール学園

リンク:http://www.lasalle.ed.jp/

制度:私立中高一貫校の男子校(併設型)

住所:鹿児島県鹿児島市小松原2丁目10-1

学費:75万円/年

全国高等学校クイズ選手権の常連校として有名です。

進学校の中でも授業量が多く、週39時間の授業があります。

まとめ

以上、北海道から鹿児島県まで多くの寮付属の進学校を紹介しました。改めて述べると、子供の進路は将来に大きく関わる非常に重要な選択です。

寮があるかどうか、という新しい判断基準を加え、広い視野を持って学校選びをしてみてはどうでしょうか。

この記事が進路選択の手助けになれば幸いです。

関連ページ一覧・こちらもご覧ください!