中学生・高校生の寮生活の基礎知識まとめ






寮生活におけるメリット&デメリットからお金の問題、トラブルまで

現在、受験と一言に言っても、全国には沢山の学校があります。そんな中、自宅から離れ、寮生活をするという受験スタイルもあります。お子さんにとっては考えるだけでワクワクのものですが、初めて子供を寮に入れるとなれば、親としては心配でなりません。

そんな気になる寮生活の基礎知識を紹介します。

寮生活のメリット

最初は不安な寮生活ですが、親と子が離れて生活することで子供が大きな成長をすることも。寮生活にはこんなメリットがあります。

寮に常に仲間がいるので、沢山の友達ができる

寮生活では通常の学生生活よりも友達と過ごす時間が長いです。

だからこそ、より深い友達関係、信頼関係を築くことができます。

上下関係を学べる

寮は普段の生活から上下関係や人間関係を意識させられます。
しかし実際社会に出てからも、同じような上下関係や人間関係はあります。そんな寮での経験は社会に出たときに役立つものとなります。

規則正しい生活を送れる

毎日決まった時間に起きて決まった時間に消灯する。特に中学生が住む寮の場合は規則正しい生活を送ることができます。家にいたらこんなに規則正しい生活を送ることは難しいでしょう。

3年間寮で生活することは、子供の自立へとつながります。

寮生活のデメリット

盗難の可能性

通常の学校とは違い1日中、友達と過ごします。いつも警戒心を働かせているなんてことは無理です。そのため、盗難が起きる可能性は大いにあります。だからこそ、普段から自分の周りの物の管理を心掛けさせるようにしましょう。

親の目がとどかない

いくら、寮に専任の大人が付いていると言っても自分の目で子供の様子を確認できません。しかも良くも悪くも親は子供に干渉しづらいので、子供の心の変化などに気づいてあげることが困難になることがあります。

それによって、親が望まない方向へと向かっていってしまうかもしれません。

一人部屋でない場合はプライバシーを守るのが難しい

ほとんどの時間をルームメイトと過ごすため、1人の時間はあまりありません。人によっては窮屈だと思うこともあるでしょう。

相性の合う人と同室とは限らない

子供も人間である以上、相性のいい人、悪い人がいます。そのため、当然ルームメイトと気が合わないことが出てきてしまいます。

しかし、社会に出た際に気が合う人ばかりではありません。大きな経験の1つになるでしょう。

デメリットも乗り越えることで子供の自立につながります。

気になる寮生活の費用。お小遣いはどれくらい?

子供が寮生活をすることになると気になってくるのが学費、寮費、お小遣いなどを含めた生活費です。これは東京の場合、一般的には月10万円~15万円程度です

また、お小遣いは月5千円から1万円を基準に渡している保護者が多いようです。寮によってはあまりにも多いお金は持つことができなかったり、渡すときに詳細な手続きをする学校もあります。

せっかくの寮生活の機会です。ここでお金のやりくりも学ばせるとよいでしょう。

「寮生活がつらい」子供がそう言ったら?

いざ寮生活!と意気込んで入ったはいいものの、ホームシック、友達ができない、友達が寮をやめたなどの様々な理由から寮生活がつらい、苦しいと思う子供は少なくありません。

特に中高は多感な時期であり、ささいなことで大きく落ちこんだりします。

にも関わらず、寮生活なので親子の触れ合いは必然的に少なくなります。普段から子供の動向に注意を向けて、少しでも子供の様子がおかしいと思ったら寮生活について聞くことを推奨します。

学業面などなら自己解決できますが、最悪の場合いじめが起こっている可能性があるからです。

もし子供から「寮がつらい、やめたい」と言われたらなぜつらいのかの理由を聞き、子供としっかり話し合い、寮をやめた場合、今後の学生生活はどうなるのか、ほかの措置はないかを考える必要があります。

結論!寮生活まとめ

①     メリット、デメリット共に子供の自立につながる!

普通では体験できないことが、 寮生活での醍醐味です!

    一般的な生活費は10~15万円程度!お小遣いは月1万円まで!

寮生活はお金のやりくりを学ばせるいい機会です。

③     子供の様子には要注意!

中高は多感な時期!小さな変化でも感じ取ってあげ、しっかり話を聞いてあげましょう。

今まで経験したことがない寮生活なので、不安も楽しみも沢山あります。顔を合わせることが少ないからこそ、会った時にしっかりコミュニケーションをとって、より一層親子の絆を深められるいい機会となるでしょう!

関連ページ一覧:こちらの記事もぜひお読みください!

この記事を書いたライター

森中 柊
森中 柊東京受験.jp 編集長
東京受験.jp 編集長、筑波大学附属駒場高校2年です。皆さんに有益になる情報を発信し続けることを目標に、日々運営しています。