【完全版】早大学院 中学部の2日間に渡る熱い体育祭





はじめに

 早速ですが、皆さんは早大学院中学部をご存知ですか?早稲田大学高等学院(通称早大学院)という高校の付属の中学校で、今年で11年目を迎えます。去年度は5月下旬に行われました!

 今回は、そんな早大学院中学部の熱い体育祭についての記事になります。早大学院中学部を知ってる方でも知らない方でも是非ご覧になってください!

1日目の球技大会の競技

・1年生 ドッヂボール、フットサル

・2年生 ドッヂボール、フットサル、ハンドボール 

・3年生 ドッヂボール、サッカー、野球

↑早稲田学院ホームページより引用 1日目のドッヂボールです。 

 クラスの中で各種目に分かれて同学年で総当たり戦をします。1年生の場合だと、クラスの中でドッヂボールに出る人と、フットサルに出る人で分かれています!大会は午前から午後までずっとあり、クラスの応援も一つの見どころで、とっても盛り上がります!

2日目の団体競技大会の競技

 ・32人33脚

 ・長縄

 ・棒引き(1年生のみ)

 ・騎馬戦(2、3年生のみ)

 ・クラス全員リレー

 ・選抜リレー

↑早稲田学院ホームページより引用  二日目の32人33脚です!

 体育祭の目玉はなんと言っても2日目に行われる「32人33脚」です。全学年が参加する競技で、各クラスがかけ声で足並みをそろえるといった一致団結した姿を見ることができます。とても白熱した試合になります。

部活紹介

 部活紹介は、特に新入生の人たちは必見の行事です。希望した各部活がそれぞれの魅力を伝えるためにグラウンドで実践して紹介します。まだ仮入部の新入生にとっては、部活選びのヒントにもなります。ちなみに僕は剣道部に入りました!

まとめ

 ・早大学院中学部の体育祭は2日間に渡って行われ、1日目が球技大会で、2日目が団体競技大会

 ・体育祭の一番の目玉はクラス内で協力し合う姿がよく見られる「32人33脚」

 ・どこの部活に入ろうか迷ってる人は、部活紹介を見るとヒントになる。

 2019年度の体育祭に僕は初めて参加しました。みんなが一つ一つの競技に全力で取り組み、とても盛り上がりました!早大学院に入ろうと思っている人は、ぜひ楽しみにしてください!