【比較】小学生の子供に持たせるケータイのオススメは?【スマホ】





子供にケータイは持たせるべき!

今の時代、子供にケータイを持たせないメリットはほとんどありません。子供と連絡がとれないことは不便ですし、何よりも子供の安否が確認できないため防犯の面からも危険です。そのため今回は小学生の子供に持たせるケータイは何が良いかについて比較していきます。

スマホ

メリット

まずスマホの最大のメリットとして機能性があるでしょう。これによって子供同士でのやり取りをLINEなどのメッセージアプリを通して簡単に行うことができます。また、教育の面から見ても気になったことを調べるいわゆる「調べ学習」を気軽にすることができます。

デメリット

たくさんの機能があるスマホですが、その機能性ゆえに子供がスマホにばかり夢中になってしまい勉強などの他のことが疎かになってしまうことも多くあります。
特に最近は無料のアプリゲームも増えてきており無意識のうちに子供が課金を行ってしまうこともあり子供にスマホを持たせることに懸念を抱く親も少なくないとのことです。
そのためネットリテラシーを持っていない小学生のうちからスマホを買い与えることが良いとは一概には言えません。

ガラケー

メリット

まずガラケーでは当然ですが基本的な通話やメールのやりとりなどはできるため小学生が親とコミュニケーションをとる分には一切不自由しないでしょう。さらにスマホのように豊富にアプリゲームがあるわけではないため小学生のうちは教育のためにガラケーを買い与える親も一定数います。

デメリット

ガラケーはスマホに比べて機能性は低く、インターネットや地図などを外で使えません。そのため子供が外での活動を効率的に行えないことがあるでしょう。また学校などで他の子たちはみんなスマホなのに自分だけガラケーだと子供はそのことにコンプレックスを抱くでしょう。

キッズケータイ

メリット

まずキッズケータイは親や警察などの決められた相手としかやり取りができないため知らない人とのトラブルに巻き込まれることはありません。そして通話とメッセージという基本的な機能はあるので親と連絡は十分とることができます。またキッズケータイは上記の2つよりも価格が安いというメリットもあります。さらに機種によっては防犯ブザーの機能があるものもあり、防犯もバッチリです。

デメリット

基本的にガラケーよりも機能は少ないですからガラケーのデメリットに加えて、機種によってメッセージを定型文しか送れない場合があります。そして案外重要なポイントとしてダサいというのがあります。私は小学生のころキッズケータイを使用していたのですが、相当ダサくて恥ずかしかったです。このように見た目もかなり大切なのでしっかり考えないといけないでしょう。

まとめ

ここまで3種類のケータイを比較してきましたが、どの種類にも一長一短があります。しかし何といっても一番機能性の高いケータイはスマホですからまずは自分の子供にスマホを買い与えても問題はないだろうか?と考えてみてスマホにするかガラケーにするかキッズケータイにするか考えてみてください。

参考ページ:こちらの記事もぜひご覧ください!