中学受験・女子校ならではの“面接”対策!【後半・詳細編】(その2)・女子学院





後半-② 女子学院の面接

(前編はこちら
(後編①-桜蔭学園はこちら

【後半・詳細編】では、私が実際に経験した実際の中学受験の面接のエピソードをお話ししたいと思います。

桜蔭、女子学院、慶応中等部の3校を3回に分けてお伝えします。

桜蔭、慶応中等部の面接対策記事も合わせてご覧ください!

今回の第2回目は女子学院です。

面接で気をつけるべきポイントや肌で感じた雰囲気を書こうと思うので、これらの学校に受験する予定の方もそうでない方も、ぜひ参考にしてください!

最寄駅
そういえば受験日には
DS版ゼルダの仮面の大きな広告がありました

女子学院の面接 得点/合否の関係

女子学院の面接はほとんど合否に関係ないと言われています。

ただし学校は一切公表していませんので、あくまで噂です。

特別な年でない限り2月1日入試ですからこれが初めての面接になる場合が多いでしょう。

しっかり流れを把握しておけば落ち着いて受けられますね。

女子学院の受験生面接の流れ

流れを掴んでバッチリ!↓↓

テスト(筆記の試験)終了後

テスト終了後、お弁当は席で食べます。

その後の時間でお手洗いに行ったりするのですが、女子学院は参考書などの持ち込み不可なためかなり暇に感じるかもしれません。

とはいえ周りの迷惑になるので、知り合いと話したりするのは避けましょう。

しばらくすると、女子学院らしい試みとして在校生がミニゲームしてくれます

内容は教室ごとに違うようで、私のところは対列の伝言ゲームをしました。

在校生のお姉さんはとても優しくて面白くて、緊張がほぐれる楽しい時間でした。

試験や面接などのちょっと時間で各学校の特徴がでますし、在校生の雰囲気などを保護者の方も受験生も直に感じることが出来ると思います。

受験生面接

さあかかってこい女子学院

女子学院の面接は受験生面接のみです。

面接形式は

集団面接

受験生5人に先生2人

という形で行われます。

質問は 3〜4問、教室によっては写真を見せられて答えるなどバラエティ豊かです。

順を追って説明すると、

①誘導の生徒が面接の教室の廊下にに連れてきてくれ、受験生はグループごとに着席して待機。

②その後順番が来たらグループ毎に教室の中へ、面接官の前に着席。

③目の前の机の中に白紙、机の上にペンがあり、必要に応じて使用します。

④その後左から順番に質問に答えていきます。

教室によっては思いついた順に答えていく場合もあります。


⑤自分の番が終わっても5人終わるまで静かにきいて待ちます。

⑥先生や誘導の生徒が合図をするのでそれに従って退出します。

質問の内容

「テストの手ごたえはどうでしたか?」

酷な質問…

手ごたえについては皆さん「まあまあ出来ました」「頑張りました」という人ばかりで、ネガティブな発言はありませんでした。

まだよく分からない状態ですから皆んな多少のハッタリをかましたのでしょう。

「自分を表す色は何色ですか?」

4人目まで色を答えてるだけで誰も理由を言わなかったのですが、最後の子が「私には色というものはありません」「なぜなら私は無色透明だからです」答えました。

あの緊張状態の中でのオシャレな発言に正直「凄いのがいるぞ」とギョッとしました。

受験生の中には自分も次は良いことを言わなくてはと焦った人もいたかもしれません。

たまにこういう人もいますので、もし同じグループいても焦らずに平常心で臨みましょう。

お主…できるな??

「女子学院を表す1文字の漢字を書いてください」

皆さんならなんと答えますか?

 紙とペンを使う質問です!

私は「刺激的」の「刺」という漢字を書こうとしたのですがド忘れしてしまい、仕方なく「すみません、左を忘れてしまったのですが…」と言いながら、へんを「束(たば)」と書いた紙を出すという大失態をしてしまいました(笑)

この行動に先生方も苦笑いでしたが、さすが女子学院、このレベルの失敗は大丈夫なようです。

さてこの漢字の質問ですが、5人中なんと3人が「自由」の「自」という漢字を書いたのです。

女子学院といえばこの漢字が出てくるのは自然です。しかし順番によって苦しい状況になる可能性もあります。

案の定、最初の「自」の子は「自由な校風に魅力を感じて…」と語れたのですが、2人目は「私も同じです」としか言えなくなってしまいました。

また最後の5人目は機転をきかせて「自由だからこそ自立の精神が必要だからです」と「自立の自」と説明し始めました。

またしても5番目。

「コイツやるじゃん!」と漢字を間違えた私が思っていたくらいですから、同じグループの子達は私たちに調子が狂いっぱなしだったことでしょう(申し訳ない)

集団面接の怖いところは私や5番のような変わったメンバーと一緒に受ける可能性があるということです。

大喜利ではないので、奇をてらった答えでなくとも自分の考えをきちんと話せれば良いはずですが、

入試で緊張状態にある12歳の小学生です。

緊張しやすいお子さんもいるでしょう。

集団面接には時にこういうタイプが混ざることもあるが、全く気にするなと予めお話されておくと良いかと思います。

面接終了後

面接が終わると在校生案内されて講堂のステージ裏を通り、グループごとに舞台に上がります。

待機している親を見つけて合流して解散となります。

個性豊かな女子学院、質問も一風変わったユニークなものもあり、また受験生も個性的な人もいますが落ち着いて答えれば大丈夫です。


受験生のみなさん、頑張って下さい!!

関連ページ:こちらの記事もぜひお読みください!

この記事を書いたライター

麦
中高一貫校/ 中学受験経験者/ 日能研スカラシップ生/ 家系ラーメンが好き。必ずのり増しと小ライス/ 痒い所に手が届く、そんな記事を書けたらと思います!