筑駒文化祭2019レポート 〜筑駒密着24時から学ぶ筑駒生の生態〜

筑駒文化祭2019レポート





こんにちは。東京受験.jpのライターの山崎です。

2019年11月2〜4日の3連休に筑波大学附属駒場中学・高校(愛称:筑駒、つくこま)にて筑駒文化祭2019「暁」が開催されました。
文化祭の詳しい内容については、実際に文化祭運営に関わる筑駒生に見所を聞きながらまとめたこちらの記事をご覧ください。

毎年結果が楽しみにされるミスコンや来場者参加型の縁日をはじめ、筑駒生の青春が詰まった文化祭は今年も大盛況に終わりました。

数ある出し物の中でも中学1年Bクラスの出し物「筑駒密着24時」という企画が筑駒生の生態はもちろんのこと、都内進学校の生徒(特に男子校)の考え方を理解する上で大変参考になる情報としてまとまっていたので、本記事で紹介します。

現役筑駒生が教える、本当に効率の良い勉強はこちら↓↓↓

筑駒密着24時とは

筑駒密着24時とは、筑駒文化祭2019「暁」にて中学1年生Bクラスによる筑駒中学1年~高校2年生を対象にしたアンケート企画です。

本当の筑駒を知っているか?

「君はもう見たか。本当の筑駒を」というキャッチコピーで煽るとおり、筑駒生の普段の学生生活や生態系にフォーカスを当てた企画です。
そこで実際に問われたアンケートは下記の通りです。この中でも太字の問いを抜粋してご紹介します。

  1. 好きな教科と理由
  2. 面白いと思う先生と理由
  3. 一日の勉強時間
  4. 現在通っている塾
  5. 受験生時代に通っていた塾
  6. 休み時間にしていること
  7. 登下校に使う交通手段
  8. 登下校にかかる時間
  9. 友達の呼び方(呼称)
  10. 好きなアニメ、テレビ番組
  11. 好きな本
  12. 恋愛事情
  13. 先生目線の筑駒生徒の思い出
  14. 先生目線の筑駒生徒の良い点・悪い点
  15. 先生目線の教えてきて嬉しかったこと・悲しかったこと
  16. 筑駒に入った理由
  17. 筑駒で一番楽しかったこと
  18. 筑駒の校風
  19. 筑駒の入学前後の期待値ギャップ
  20. 先生目線の筑駒生の特徴
  21. 筑駒の名物

筑駒生が受験時に通っていた塾

現役時代に通っていた塾

1位:サピックス
2位:早稲田アカデミー
3位:四谷大塚
4位:日能研
5位:独学
6位:浜学園
7位:希学園
8位:その他

「せっかく中学1年から高校2年までアンケートを取ったんだから、中学受験と高校受験でアンケート結果は分けてくれよ」と思った来場者は私だけではないでしょう。

それでも大方の予想通り中学受験と高校受験の両方に強いサピックスと早稲田アカデミーがワンツーフィニッシュを決めているのは納得の結果です。また、日能研や四谷大塚など、規模が大きくて定評のある塾もやはりランクインしています。

意外な結果としては独学が5位に入っていることでしょうか。
一人でも学習を進められるほど優秀なのはもちろんでしょうが、どういった環境を用意すれば独学で筑駒に進学できるのか、非常に気になります。

また、浜学園や希学園といった関西に地盤を持つ進学塾が上位に入っているのも目立ちます。希学園では「筑駒・灘特訓」といった講座が存在するため、関東はもちろんですが関西のトップ受験生に筑駒を受けさせようという目論見があるのかもしれません。

希学園のHPより引用

8位のその他にも様々な塾が含まれているようだったので、受験関係者としてはできればすべて開示してほしかったところです。継続の企画をお待ちしております。

筑駒生が現在通っている塾

筑駒生が現在通っている塾

筑駒生が現在通っている塾に関しては、受験生時代の塾と違って各学年でアンケート結果を分けています。それぞれで順位が変わるためまとめた結果は出せないですが概ね下記の塾に通っている生徒で過半数を占めているようです。

  • 鉄緑会
  • 東進ハイスクール
  • 早稲田アカデミー大学受験
  • SEG

東京大学への進学を目指す生徒ならば鉄板の「鉄緑会」、大学受験で安定した実績を残す「東進ハイスクール」や「早稲田アカデミー」、理数系の指導に評判が良い「SEG」など、筑駒生の進路から考えれば納得度の高い結果となりました。

その中でも注目すべき点としては「J PREP 斉藤塾」に通っている生徒が少なからず存在することです。
J PREP 斉藤塾はイェール大学で助教授を歴任した斉藤淳氏が代表を務める英語塾であり、難関大学や海外大学進学を目指す生徒が集まります

J PREP 斉藤塾HPより引用。代表の斉藤惇氏

東大には行かず、直接海外大学へ」という潮流が進学校をはじめとして強まっている昨今ですが、東京大学への進学を当たり前だと思わずグローバルな目線で大学選びを検討する傾向が現在通っている塾のアンケート結果から読み取れました。

筑駒生が好きなアニメやテレビ番組

好きなアニメやテレビ番組

YouTubeやAbemaTVを始めとするネット配信サービス、TwitterやInstagramといったSNSが隆盛を極めている中、アニメやテレビ番組といった切り口の設問設計には正直疑問があります。
ただ、おそらくスマホ保有率がまだまだ低いであろう中学1年生としてはあまり馴染みのないサービスばかりなのかもしれません。ただ、これ自体は非常に興味深いアンケートなので、継続調査をしてくださると一個人としてはとてもありがたいです。
アンケート結果は以下の通りです。

  • 水曜日のダウンタウン
  • 世界の果てまでイッテQ!
  • 東大王
  • 名探偵コナン
  • ドラえもん
  • 報道ステーション
  • ニュース7

筑駒生といえどテレビ番組の趣味は世間一般の人とそれほど変わらないことが傾向として読み取れます。

筑駒生活で一番楽しかったこと

筑駒生活で一番楽しかったこと

筑駒生活で一番楽しかったことについてもアンケートで問われていました。
こちらも中学1年から学年が上がるにつれて傾向が変わってくると思われますが、筑駒全体としての傾向としては非常に参考になります。

1位:三大行事
2位:部活
3位:水田
4位:日常生活

「筑駒三大行事」とは音楽祭、体育祭、文化祭のことを指します
詳しくはこちらの筑駒公式ホームページをご覧ください。
三大行事の1つである文化祭については東京受験の紹介記事をご覧ください。
筑駒生は1年間を通じて三大行事に常に何かしらの形で関わっているはずです。学園生活においてそれだけ大きなウェイトを占めるのですから1位にランクインするのも当然と思われます。

また、3位にランクインする水田については教育ジャーナリストおおたとしまささんの紹介記事をご覧ください。私からすれば現代っ子が水田で農業体験するのは苦行じゃないのかなと思ってしまいますが、意外にも(?)筑駒生からの評判はとても良いようです。

4位にランクインした日常生活も見逃せない点でしょう。青春の大部分の時間を過ごすこと自体を楽しいと思える環境が素晴らしいはずです。文化祭や部活といったわかりやすい形で現れない、幸福な学生生活もいつか取材してみたいです。

筑駒校門前に貼られる寄せ書き的な企画で書いてきました

この記事を書いたライター

やまざき
やまざき
東京受験.jpライターをしている「やまざき」と申します。
20代後半です。子供はいませんがいつか来る中学受験に備えて情報収集と記事制作をしています。
Twitterアカウントは@hrtk_ymzkです。