「留年制度」が厳しい?現役生しか知らない大学附属校の実態





近年、主に早慶やMARCHなどの大学付属校の人気が高まってきています

その一方で、「受験がないぶん留年する」「留年生が多い」というウワサを耳にすることもあるのではないでしょうか。
「付属校に入って、勉強について行けるか不安」という人もいるかと思います。

実際、付属校の留年率は多いんです。
付属校の留年生のことを話すと、他校の知人に驚かれます。

筆者(私)
みんなの学校って、今年留年した人、何人いた?

Aくん(Y高校)
0だよ。

Bくん(K高校)
ひとりもいないよ。いたとしても3年に1回くらいかなぁ。

Cくん(T高校)
今年1人いた!でも滅多にいないなぁ

筆者(私)
へえ。ちなみに、おれの高校は学年で20人くらいかな。
この前おれの友達も留年してたよww

Aくん(Y高校)
え!!

Bくん(K高校)
まじで?やっぱ付属校って、厳しいんだ…。

Cくん(T高校)
まぁでも、大学受験しなくて良いんだもんなぁ。十分羨ましいけど笑。

そこで、
この記事では、実際に付属高校(早大学院)に通っている筆者が、「付属校の留年制度」について詳しく解説します。

現役生が教える:大学付属校は「留年制度」が厳しい。

結論から言うと、ちゃんと授業を受けていれば、留年はまずしません!

安心してください!!

(留年率が高いと言っても、そこまでたくさんの人が留年しているわけでもないのが実態。たとえば早大学院の場合、留年するのは、学年500人いるうちの20〜30人ですから、ほとんどの人はちゃんと進級できます。心配無用。)

ただ、「受験がない」からといって、勉強しないと、留年してしまうリスクは十分にあります。

高校に入学したあとの勉強は、大学受験生よりも負担は少ないとは思うので、しっかりと勉強を怠らないことが大切です

付属校に入って、学校生活を「有意義に」送ろう

せっかく受験がないなら、そのぶんの時間を有意義に使いたいですよね。

例えば、部活に打ち込んだり、自分の関心のあるテーマの学術研究をしてみたり…などなど。
付属校に入ったら、自分がやりたいと思うことを、全力で追求し、存分に楽しみましょう